お知らせ

七月七日(日) 施餓鬼会(せがきえ) 2019.06.28

木々の緑の深みも増し、夏めいてまいりましたが 、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は「施餓鬼会」についてお話させていただこうと思います。施餓鬼の法要はお釈迦様の愛弟子阿難尊者と餓鬼の伝説に由来し、三界萬霊のご供養を致します。そして、その功徳が廻向され、我々の先祖や先に旅立った近しい方への供養となるわけです。三界萬霊とは、この世界全ての精霊。餓鬼とは食物に飢えた死者の霊の事です。つまり無縁仏などのあらゆる浮かばれない精霊を供養するための法要です。多くのものに囲まれていても満たされなかった人の心や、これだけ多くの人が住む都会地で独り亡くなっていった人の心が安らぎますようにと拝んでいます。生まれてきた人の数だけ死があり、霊があります。今昔、家病院施設、事件事故災害、大往生早逝、有縁無縁、全ての精霊に施しを「させていただき」その功徳をまわして自身有縁の精霊の供養とするわけです。弘法寺では自身が布施の心を養いその功徳を転じて大切な人に供える施餓鬼の法要は毎年7月7日に厳修致しております。

弘法寺の施餓鬼会は七月七日(日)の■午前11時~■午後13時~行っております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。



一覧に戻る

Scroll Up